歯科での保険の扱い

審美歯科での治療時の保険

審美歯科は上手な先生の選択を

虫歯で歯の治療を歯科ですると、大概銀歯を入れることになります。自分の歯はもともと白く、そこに銀歯を入れると大変違和感があるし、コンプレックスになります。大きな口をあけて笑うと恥ずかしく、気分もすぐれなくなる人もいます。そんなとき審美歯科で相談するとセラミックなどを利用した、白い歯を入れる治療を提案されるかもしれません。上手にな先生だと治療歯がどれだか分からないぐらいきれいな歯を入れることができます。しかし健康保険が使えず自費治療となるため、高額な治療費がかかります。どうせ入れるなら上手に治療できる歯医者さんを選ぶ必要があります。

審美歯科でセラミック治療

健康保険で虫歯を治療すると、会社員であれば3割負担で治療できるので財布にやさしくて大変ありがたい制度です。しかし歯科では健康保険の治療をする場合、奥歯なら銀歯を入れなければならないし、治療する時につかう素材も決まっています。すると奥歯を治療すると銀歯を入れなければならない決まりがあるため、笑った時に銀歯が目立ちコンプレックスを感じる人がいるかもしれません。そんなとき審美歯科で相談すれば、白い歯を入れることができます。セラミックやジルコニアなどかみ合う歯との色、強度を精査し、上手な先生に治療してもらうと治療した歯が分からないくらいで満足できます。ただし自費治療となるため、高額な治療費がかかります。

↑PAGE TOP